寝づわりの私と私なりの妊婦生活

私は生理周期を毎月アプリで記録登録し、排卵日予測を確認しながら、夫と妊活に取り組みました。その結果、めでたく妊娠することができました。妊娠してから、異常な眠気の毎日でした。特に妊娠3〜4ヶ月は毎日9時間以上睡眠を取らないとだるく、日中の仕事にも眠気で影響が出るほどでした。有難い事に、吐きづわりや食べづわりで悩む事はありませんでしたが、毎日あっという間に過ぎていきました。人によって様々なツワリがあると言いますが、私は完璧に寝づわりというものでした。

妊娠5ヶ月以降からは極度の眠気はなくなり、毎日7時間程度寝れれば支障がないほどになり、仕事と睡眠以外にも時間を使うことが出来るようになりました。その時間を使って、ネットでもオススメになっている助産師さんの育児書、妊娠から子育てまでの有名な小説家さんのエッセイ、元アスリートの安産の為のストレッチ術など、図書館で借りて勉強しました。私は初めての出産で不安もあり、どう妊婦生活を過ごしたらいいのかを分からなかったので、多方面の本を読み、自分に合う考え方、自分に合う体の使い方など多くの事を本から学びました。やはり本と実践は違うと言いますが、妊婦生活での心の安定剤としても本を読む事はとても私にとって支えになりました。元々本を読むのが苦手な私でしたが、10ヶ月の間に沢山の本を読む事が出来たのは、お腹の中の赤ちゃんのおかげもあるかと思います。

妊娠後期になり、お腹の重さで腰が痛く、上手く睡眠を取ることが出来なくなりました。その時は、授乳クッションも兼用になる抱き枕を使い、楽な姿勢をとって寝る事が出来るようになりました。寝不足によってイライラしたり、精神的にも体力的にも影響が出やすい私であった為、いかに質の良い睡眠が大切であるかも痛感しました。私は今年の9月に出産予定です。残りわずかな妊婦生活を楽しみ、リラックスして過ごせるようにしたいと思います。

妊娠初期に飲みたい葉酸サプリのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です