ニキビケアと保湿の関係

ニキビは思春期だけのものではなく、大人になってからもできます。
そして顔だけでなく体の様々な部分にできるという特徴もあります。

大人ニキビの原因は、ストレスやホルモンバランスの崩れ、生活習慣、そして加齢による肌の乾燥が大きな原因です。
肌は適度な水分量を維持することで健康的な肌を保つものですが、この水分量が減少することで様々な肌トラブルを引き起こすことになります。
乾燥した肌は古い角質を残します。
それが毛穴を塞いだり、狭めることとなりそこから排出できない皮脂が溜まってアクネ菌を繁殖させて炎症を起こすのです。
これが大人ニキビのもとになります。

ニキビは進行していくものであり、放っておいたり、触ったりすることでクレーター状の跡を残すことになる場合も少なくありません。
ニキビを作らない環境を作ることが大切です。それには清潔と保湿が大切です。

洗顔時には良く泡立てた石鹸で、その泡に汚れをしっかり吸着させるように洗います。
この時に肌をこすることをしてはいけません。また洗顔料に保湿力があるものが良いです。
そして洗顔後にはしっかりと保湿をします。保湿をすることで肌の水分量が上がり、バリア機能が正常化していきます。
すると外部刺激の攻撃を回避出来たり、肌のターンオーバーが整って肌の生まれ変わりを促進させるので古い角質が残ることがありません。

すると毛穴の呼吸がスムーズに行われ、皮脂など不要物の排出が正常に行われるようになるのです。
肌は周期によって生まれ変わるものですが、それが順調に行われるようになり、清潔が保たれる状態になるのです。
このように肌の乾燥はニキビにとても影響するものです。

日々保湿を心がけた肌ケアを継続していくことで大人ニキビは改善し、予防力につながっていくのです。
そして、肌の保湿はニキビだけでなく、シミやシワ、たるみやくすみなど様々な老化現象を回避していくことができます。
美しい肌を維持するために肌の水分量に気を使うことは必要なことです。

プラクネは効果あり?なし?|本当に効果があるのは○○な人!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です