産後からのホルモンバランスの乱れ

産後、骨盤の戻りなどをあまり意識しておらず、歪んだまま骨盤が固まってしまったせいか、血流が悪くなりやすく、手足の末端の冷えがすごく酷くなってしまいました。そのせいもあってか、月経が来る前の症状が産前と比べてかなり悪化してきました。症状としては、精神的なイライラ感、肌荒れ、足の冷え、便通の乱れなどです。月経自体の質も悪くなり、経血量が増えることによる生理痛の痛みが強くなったこと。鎮痛薬がないと生活できないほどになりました。婦人科で血液検査をしてもらってホルモン値を確認したところ、やはり黄体ホルモンの数値が少なく、それは高温期に体温が上がらない事を意味していました。今後、自分にできる改善策を探してみて、実際にやっていることは、整体に行ける時に通って姿勢などの歪みを正すことと、日常生活でその姿勢をキープするために意識をすることです。そして、血流が悪くなる点については、冷えてしまう原因で”血流が悪くなる”他に、体の中の血が足りないことで血流が悪くなることがあるようでした。鉄分を接種する為に食生活の中にヘム鉄となる鶏肉を取り入れることにしました。ほうれん草などの非ヘム鉄とは違い鉄分の量が豊富にあるようで、特に骨付きの鶏肉が効果的と教えてもらったので積極的に料理に使っていきたいと思います。その他には、ハーブティーを飲んで体を温めつつ、生理痛を緩和できる食事をとって、なるべく薬に頼らない生活をしていきたいと思っています。
美建めぐりんぱ 最安で美肌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です