季節の野菜を食べる喜びを家庭菜園で味わう

5年前から小さなベランダでレタスなどの野菜を栽培しています。3年前からは市民農園を借りて茄子、きゅうり、ゴーヤなどを育てて季節ごとの野菜を収穫するのが楽しみになっています。実際に野菜を作ってみて旬の野菜を食べることを意識するようになり、スーパーや八百屋で見る野菜の視点が変わりました。苗を買ってきて育てるのは簡単ですが、なるべく種からゆっくり育てています。苗から確実に早く育てたい夫には呆れられますが、種から芽が出てきたときは毎回感動します。野菜は日光や温度、少しでも虫に食べられないようにしたり(無農薬なのでどうしても食べられてしまいます)、水やりの分量や風通しなどにも気を遣いながら地道に育て、やっと収穫できた瞬間は喜びがひとしおです。そしてそれを料理して好きなお酒と共に食べることには最大の幸せを感じます。今では、トマト、ズッキーニ、カボチャ、スイカ、コーン、モロヘイヤ、ルッコラやオクラなどにもチャレンジして楽しんでいますが、トマトとズッキーニがなかなか難しくまだ成功に至っていません。ズッキーニは水が好きですが、トマトは雨など水をあまり必要としない野菜なので植える場所や方法を考え中です。今年はなんとしてもトマトは成功させたいと思っています。

低年式 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です