寝づわりの私と私なりの妊婦生活

私は生理周期を毎月アプリで記録登録し、排卵日予測を確認しながら、夫と妊活に取り組みました。その結果、めでたく妊娠することができました。妊娠してから、異常な眠気の毎日でした。特に妊娠3〜4ヶ月は毎日9時間以上睡眠を取らないとだるく、日中の仕事にも眠気で影響が出るほどでした。有難い事に、吐きづわりや食べづわりで悩む事はありませんでしたが、毎日あっという間に過ぎていきました。人によって様々なツワリがあると言いますが、私は完璧に寝づわりというものでした。

妊娠5ヶ月以降からは極度の眠気はなくなり、毎日7時間程度寝れれば支障がないほどになり、仕事と睡眠以外にも時間を使うことが出来るようになりました。その時間を使って、ネットでもオススメになっている助産師さんの育児書、妊娠から子育てまでの有名な小説家さんのエッセイ、元アスリートの安産の為のストレッチ術など、図書館で借りて勉強しました。私は初めての出産で不安もあり、どう妊婦生活を過ごしたらいいのかを分からなかったので、多方面の本を読み、自分に合う考え方、自分に合う体の使い方など多くの事を本から学びました。やはり本と実践は違うと言いますが、妊婦生活での心の安定剤としても本を読む事はとても私にとって支えになりました。元々本を読むのが苦手な私でしたが、10ヶ月の間に沢山の本を読む事が出来たのは、お腹の中の赤ちゃんのおかげもあるかと思います。

妊娠後期になり、お腹の重さで腰が痛く、上手く睡眠を取ることが出来なくなりました。その時は、授乳クッションも兼用になる抱き枕を使い、楽な姿勢をとって寝る事が出来るようになりました。寝不足によってイライラしたり、精神的にも体力的にも影響が出やすい私であった為、いかに質の良い睡眠が大切であるかも痛感しました。私は今年の9月に出産予定です。残りわずかな妊婦生活を楽しみ、リラックスして過ごせるようにしたいと思います。

妊娠初期に飲みたい葉酸サプリのおすすめ

クレンジングをする前に知っておくべきこと:クレンジングで毛穴ケア

クレンジングを行ってメイク落としをするときに大事なこととしては、毛穴ケアをいかにして行うかということです。毛穴ケアをしっかりと行わないと、毛穴のつまりを引き起こすなどして思わぬ肌のトラブルを引き起こす可能性があります。そのため、クレンジングを適切に行うことは非常に大事といえるでしょう。

どのようにクレンジングを行えばよいのかについてですが、まずクレンジング料選びについてはまず自分に合った商品とは何かをきちんと把握しておく必要があります。選ぶ要素については価格・洗浄力・手軽さ・人気など色々な要素が基準となります。ただ、すべてを満たしてくれる商品については残念ながらありません。そのため、自分が求めている要素を優先して選ぶことが大切といえるでしょう。

安易な気持ちで、なんとなくおすすめされた商品を買っても満足の行く結果を出すこともあります。ただ、上手くいかない可能性も高まります。そのため、クレンジングの種類と特徴についてはしっかりと把握するようにしましょう。

主なクレンジング料の種類についてですが、まずオイルタイプのものは洗浄力の強さが最大の特徴といえます。そのため、メイク落としをするのには適しています。ただ、このタイプのものは必要な水分まで奪い取ってしまう可能性もあるため後で必ず保湿を行っておくようにしたほうが良いでしょう。

クリームタイプのものは、油分と水分がちょうどよく配合されています。敏感肌で悩んでいる人に適しており、使用感についてはしっとりとしているため使いやすいことが特徴です。ただ、洗浄力についてはオイルタイプに劣ります。その日の状況によってクレンジング料を使い分けておくと効果的といえるでしょう。

そのほかの注意点についてですが、メイク残しについては避けておくようにします。毛穴に入ったファンデーションやクレンジング剤の成分を放置しておくと、毛穴をケアするどころか逆効果になってしまうためです。しっかりと洗い落とすように心がけましょう。

DUOクレンジングバームの口コミを見てみる

ニキビケアと保湿の関係

ニキビは思春期だけのものではなく、大人になってからもできます。
そして顔だけでなく体の様々な部分にできるという特徴もあります。

大人ニキビの原因は、ストレスやホルモンバランスの崩れ、生活習慣、そして加齢による肌の乾燥が大きな原因です。
肌は適度な水分量を維持することで健康的な肌を保つものですが、この水分量が減少することで様々な肌トラブルを引き起こすことになります。
乾燥した肌は古い角質を残します。
それが毛穴を塞いだり、狭めることとなりそこから排出できない皮脂が溜まってアクネ菌を繁殖させて炎症を起こすのです。
これが大人ニキビのもとになります。

ニキビは進行していくものであり、放っておいたり、触ったりすることでクレーター状の跡を残すことになる場合も少なくありません。
ニキビを作らない環境を作ることが大切です。それには清潔と保湿が大切です。

洗顔時には良く泡立てた石鹸で、その泡に汚れをしっかり吸着させるように洗います。
この時に肌をこすることをしてはいけません。また洗顔料に保湿力があるものが良いです。
そして洗顔後にはしっかりと保湿をします。保湿をすることで肌の水分量が上がり、バリア機能が正常化していきます。
すると外部刺激の攻撃を回避出来たり、肌のターンオーバーが整って肌の生まれ変わりを促進させるので古い角質が残ることがありません。

すると毛穴の呼吸がスムーズに行われ、皮脂など不要物の排出が正常に行われるようになるのです。
肌は周期によって生まれ変わるものですが、それが順調に行われるようになり、清潔が保たれる状態になるのです。
このように肌の乾燥はニキビにとても影響するものです。

日々保湿を心がけた肌ケアを継続していくことで大人ニキビは改善し、予防力につながっていくのです。
そして、肌の保湿はニキビだけでなく、シミやシワ、たるみやくすみなど様々な老化現象を回避していくことができます。
美しい肌を維持するために肌の水分量に気を使うことは必要なことです。

プラクネは効果あり?なし?|本当に効果があるのは○○な人!