便利な世の中で不便に暮らす意味とは?

いやはや便利な世の中になりました。

私は1970年台はじめの生まれです。いわゆるベビーブームの時代に生まれました。団塊ジュニアとも言われますね。

私が若い頃(10代~20代前半)は、一部のオタクのものって感じで、パソコンですら一般的ではありませんでしたし、携帯もなかった。

20代中盤になってやっと、Windowsが発売され、携帯が徐々に普及してきた。

今から考えると、どうやって生活していたんだろう?と思いますが、当時は当時でそれなりに生活していたんです。

だから80年代とか90年代前半のドラマなんか見ると、携帯電話がない時代だからこその設定だったりしますし、それはそれで便利な世の中じゃないからこそのストーリー展開が楽しめるんですね。

便利になるのはいいことだけれど、これ以上便利になりすぎるのはどうなのかな、と思います。

原点回帰ではないけれど、月に一度か二度くらいは、スマホやパソコンから離れて、自然の中で暮らしたいと思い始めました。

不便さを取り入れることで、人間は健康な体を心を手に入れることができるのではないかと思うのです。

それは日々の身近な生活の中にも取り入れることができます。

エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を上る。掃除機を使わないで、ほうきとチリトリで掃除をする。

たまには自分の体を駆使しましょう。そうすれば心も強くなりますよ。

スタイルボーテは楽天で安く買える?【口コミ情報まとめ】