Margaret のすべての投稿

転職エージェントでの転職について

私は現在40歳になります。

人事制度の構築や運用、新卒中途採用など人事に関する職に10年ほど従事してきました。
この分野でよりスキルをつけたいと思い転職活動をしました。

転職サイトに載っている求人は担当職レベルの仕事が多く、年齢的にも厳しいと思い転職エージェントに登録して活動しました。約半年の転職活動を経て今年転職をいたしました。

転職エージェントの良い点は2点ありました。
まず1つ目は私の希望する職種や仕事内容、年収などを事前に伝えておくため紹介される案件が希望内容にほぼ近い点です。転職サイトで自分で求人を探すとなると膨大な数の求人から希望するものを探さないといけませんが、転職エージェントではそういった手間がかかりません。希望に近い求人があるとメールで求人票が届き、応募するかを決めます。応募する場合も転職エージェントさんが応募をして頂き、書類選考の結果もメールできます。
履歴書もエクセルや、ワード形式などの編集可能なデータで送っておけば応募時に日時などなおしてくれます。在職しながら転職活動をする方にとっては、手間が省けて時間がない人にはオススメです。

2つ目は、書類選考を通過して面接に進む際に、企業が重視している点や私の経歴の中で興味を持っている点や気にされている点を事前に教えてくれるので、面接の際に自分をアピールしやすいです。
私が面接を受けた企業の中には、事前に転職エージェントから言われていた内容しか聞かれないような面接もありました。
どうしてもこの会社から内定を欲しいといった場合は、面接準備をしやすいため、多少自分を良く見せる事で内定に近づけます。

以上が私が転職エージェントを利用してみて良かった点です。
悪かった点は特に印象に残るようなものはありませんでした。転職エージェントを利用しての転職は良いイメージが強いです。
ただ敢えて1点だけあげるとしたら、求人票の年収額より若干低い金額を企業から提示されるケースがありました。私は4社から内定をもらいましたが3社で求人票より年収ベースで50万ほど低い提示額でした。これはどちらかというと企業側の問題かと思いますが求人票より少し安めが現実の額と思って活動する事をオススメします。

医師 転職 産業医 女性 ママ

転職の不安は無料サービスの転職サイト・転職エージェントが解決してくれます

 転職に際して考える事は多々あります。
先ずは現職をスムーズに辞める事。
そしてその作業と並行して、又はそれ以前に行いたい事は、転職先探しです。
転職したい理由は人それぞれです。
ですが、共通している事は、現職から新しい職場に移るという事です。
つまり、新たな職場の存在が不可欠です。
現在多くの企業は、新卒以外の転職者採用を行っています。
ですから、目星のある企業があったら、連絡を採れば、転職者応募をしているかはすぐにわかります。
然しながら、最も簡単で、有意義なシステムが存在しています。
それは転職サイト、転職エージェントです。
 転職サイトというのはWEBサイトです。WEB検索するだけで、多くの転職サイトが現れます。
それぞれに違いは有れど、共通しているのは、無料で登録できて、多くの求人情報を入手できる事です。
サイトによって、WEB構成に違いはありますが、様々な検索方法で、求人している企業情報を検索する事ができます。
履歴書が作成できたり、WEBから自動的に応募ができたり、ご自分の希望職種の新着情報がメールされたりする等、
それぞれに特徴的な機能があります。
その機能の全てが無料で運営されているのですから、使わない手はありません。
 次に積極的にご紹介したいのが転職エージェントです。
転職エージェントはWEBサイトでしたが、転職エージェントはコンサルタント会社です。
マンツーマンでコンサルタントが転職に関するあらゆるアドバイスに応えてくれます。
こちらも運営は完全に無料です。
転職サイトもそうですが、転職エージェントも同様で、求人している企業に転職が決まると、採用企業が成功報酬として転職サイト、転職エージェントに手数料を支払う方式なのです。
ですから応募者は登録から採用まで完全に無料でサービスを受ける事ができるのです。
こんなお得なシステムはありません。
使わなかったら完全に損です。
 転職サイトは、WEBサイトなので、サイトに登録してパソコン又はスマホで自分で操作して情報を得ます。
一方、転職エージェントは登録すると、先方事業所に出向き、専属のコンサルタントと面談をします。
専属コンサルタントなので、その担当者が情報提供、ヒアリング、アドバイス、企業との仲立ち、採用までの手続き支援などを、マンツーマンで行ってくれます。
前述の通りどちらも無料運営ですから、どちらもご利用される事をお薦め致します。
 この様に、現代では、転職サービスを事業としている企業から、無料でサービスを受ける事ができるのです。
転職には様々な不安が伴いますが、こうしたサービスを利用して、円滑に進める事をお薦め致します。

介護 転職 求人

初めての転職活動

“私は、2017年の4月に行った初めての転職活動で、転職エージェントを利用しました。
結局辞退して転職活動はお休み中ですが、転職エージェント経由で応募した企業から内定を獲得しました。今回の転職活動で私が感じたことをお伝えしたいと思います。

【転職エージェントを利用して良かったこと】
・自己分析・面接対策などを手伝ってもらえる

まず、自己分析・面接対策を手伝ってもらえるという点は、転職エージェントを利用する最大のメリットだと感じました。
エージェントは、面談を通して学歴・職歴などの目に見える部分以外にも、転職希望者がどのような人物か観察して、企業に売り込める点がないか確認しています。
私は割と特殊な業界で働いているせいで、どの業界でも通用するスキルも立派な職歴もなく、内定が獲得できるか非常に不安でした。
しかし、エージェントとの面談で「観察力があり、コミュニケーションスキルも非常に素晴らしいものをお持ちです。転職も難しくないはずです」と言ってもらえました。
自分では、特にコミュニケーションスキルがあるとは思っていませんでしたが、転職のプロに認められたということで自分に自信が生まれ、面接でもその点を堂々とアピールすることが出来ました。自分の良いところを、プロに太鼓判を押してもらえるという点は、大きな利点です。
また、面接に進んだ際に、エージェントから企業の面接時に聞かれる質問を事前に教えてもらえるのは、非常に役に立ちます。さらに、このような返答はどうでしょうかという相談にものってもらえるので、面接時に返答に困ったという経験はありませんでした。

【転職エージェントを利用して困った点】
・応募した企業の書類審査が通過した場合は、必ず面接をしなければいけない

エージェント経由で応募した際に困ったのは、書類選考が通過したら必ず面接をしなければいけないという点でした。とりあえずという気持ちで応募を依頼し、書類選考を通過したものの、やっぱり興味がなくなったということは、良くあることです。自分で応募した際には、面接を辞退すれば良い話です。しかし、エージェント経由で応募した際には、エージェントは企業と良好な関係を築いていくために必ず面接を受けることを要求してきます。特に働きながら転職活動を行う際には、面接時間をとるのも大変になりますので、この点は良く考えて時間を割いても面接をしたい企業に応募しなけばいけません。

【転職エージェントは利用すべきか】
結論から言うと、利用すべきだと思います。
転職活動で一番の問題は、新卒の時とは違い、相談相手がいないという点です。エージェントはあなたの転職を応援し、相談に乗ってくれる頼もしい存在です。
遠慮なく利用し、悔いのない転職活動にしてください。”

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

村上春樹について

5/3 (火)
GW1日目。今日は予定は何も無し。先日買った村上春樹の「羊をめぐる冒険(上)」をだらだら読む。私は村上春樹が大好きだ。「彼の作品の魅力は? 」と聞かれるといつもうまく答えられないが、具体的に挙げるなら彼の作品は感情ではなく、本能に訴えかける何かがある所ではないか。ストーリーはさて置き、彼の小説に出てくる主人公はだいたい冴えない。お金持ちでも無ければ、仕事すらまともにしていない、友達もいないような物静かな人間が多いように感じる。彼らの行動パターンはだいたい同じだ。早朝目を覚まして、クラシック音楽(または古典ジャズ)を聴きながら、濃くてうまいコーヒーを淹れて、オムレツとサラダを作りトーストと一緒に食べる。洗濯や掃除など一通りの家事を済ませたら、ジムで汗を流す。昼はあり合わせの材料で作ったスパゲティを食し、午後はのんびりと本を読んだり飼い猫と遊んだりしている。だいたいそんな一日を過ごすのだ。
わたしは彼の小説に出てくるこのようなライフスタイルに憧れを抱いているのかもしれない。さして熱心に稼いでいるようには見えないが、生活に困っているようには到底見えない。そして自分一人の世界の中で悠々自適で洗練されたお洒落な生活をする主人公の生活スタイルが自分とは真逆なのでそこに羨望の眼差しを向けざるをえない。私は月曜から金曜まで面白くない仕事をして、土日はもっと面白くない時間を過ごしている。1人でいる土日はたまらなく誰かに会いたくなるが、誰かと合うのは億劫なのだ。そんなうまく自分の居場所やスタイルを掴めていない私は村上春樹の小説の登場人物の一貫して自己満足に溢れた生き方に魅せられるものは多い。
GW1日目はこのようにして1人ベッドで過ごしたのであった。

看護師 転職

沖縄旅行最高

去年と同じメンバーでまた沖縄に行ってきました。

1日目
まずは沖縄のご当地A&Wバーガーを堪能し、クリアカヤックを予約した北谷へ。 クリアカヤックは最初は何も見えなかったけれど沖のポイントに行くと魚が見える。しかしそこに行きつくまでカヤックを漕ぐのが大変でした。 クマノミ等々堪能しつつ…初日の海を後にしました。
帰りはブルーシールアイスをたらふく食べて、美浜アメリカンビレッジでショッピング。どこもかしこもアメリカン。そしてホテルに着きました。新しいホテルなので設備は上々。サービスはそれなり。港湾地帯に突如あるロケーションはシュール。 晩御飯はパッケージについていたディナービュッフェを楽しみました。で、明日が早いのでおやすみなさい。

2日目
早起きして大急ぎで朝食ビュッフェを平らげ、慶良間諸島、座間味島でダイビング。
1時間ちょっとの船旅。海はもちろんきれいで、多くの言葉はいらない。
さて、ホテルに戻って美浜の沖縄料理の居酒屋へ。ここがとてもよかった。沖縄料理はたいがいのものを食べた。満腹。

3日目
朝食ビュッフェを楽しんだ後は、かなり時間が押したのでここからは駆け足でめぐりました。ガンガラーの谷、の入口だけを見て鍾乳洞を見ながらおきなわワールドへ。 琉球衣装を着て記念撮影。最後の締めはもちろん沖縄そば全部乗せ。 満腹だ。沖縄楽しすぎる。恒例となりつつある。また来年同じメンバーで行けるといいな。

エムスリ- 医師 転職

私のお勧めの万能オイル。

私が愛用している万能オイルはアルガンオイルです。私は顔をメインに使用しています。
私がアルガンオイルを使用を始めたのは、肌の乾燥が35歳以降ひどくなったからです。
そこで、オリーブオイルを使用したのですが、今度はオイリーになすぎて、吹き出物ができてしまいました。
なので、オリーブオイルではなく、もう少しさらっとしたオイルが欲しいと思い、
調べて辿りついたオイルがアルガンオイルです。
私がアルガンオイルの使用を決めたのは、口コミサイトで、「アルガンオイルを使い続けた結果、今でも肌年齢は20代。」という
口コミに魅了されました。
そして、もっと深く調べていくと、アルガンオイルはビタミンEがオリーブオイルの3倍含まれていること、
化粧水前に使うと、化粧の浸透を良くしてくれるという事、使用後はベタつかずにさらっしている事などです。
まさに、私が希望する要素が沢山含まれていたので、直ぐに購入しました。
アルガンオイルは値段はピンキリです。高い物は数千円、ですが私は1000円前後のアルガンオイルを購入しました。
私はアルガンオイルは使用して正解でした。
吹き出物も出る事がなく、使用後もさっぱりしています。
翌日の肌もしっとりしているのです。
私の使用方法としては、洗顔後に5滴ほどアルガンオイルを手に取り、
顔に塗ります。その際に手で温めたアルガンオイルをハンドプレスするように塗って行きます。
その後、化粧水をつけます。
アルガンオイルを塗った後、化粧水をつけると化粧水が良く伸びて浸透力が断然違います。
その違いがわかるのが、翌朝です。
翌朝、肌がふっくらしています。
この使用感が私にはピッタリでした。
アルガンオイルは全身にも使えるので、冬は乾燥がひどいふくらはぎにも私は使っています。

美容 エステ 脱毛 コスメ

転職を考える時!こんな時には仕事を変わりたい!

長い人生の中で、生活のために働くと言うことは、とても大変なことでもあります。
中には、精神を病むほど仕事でストレスを感じ、転職を繰り返している人も少なくありません。
しかし、その反面、長い間、同じ職場で働き続けているような人も事実いるものです。
また、生活のために嫌であっても、仕方ない、諦めるしかないと自分で考え、仕事をこなしているような人もいます。
けれど、どうしても我慢出来ない、転職したいと思う時には、どのような理由があるものでしょうか?

[人間関係がひどすぎる!]

世の中には、上下関係のうるさい職場などもあり、これもストレスを感じる原因にもなっています。
けれど、このような職場の場合には、馴れてくればそこしか働けないと言うような人も少なからずいるものです。
しかし、何年経っても職場に馴れない、人間関係がどうしても嫌だと言うような人もやはりいます。
このような人間関係が嫌で嫌で仕方ない場合には、転職を考えることも多くなるでしょう。
また、職場で上司に嫌われていたり、同僚に避けられていたりして、仕事にまで支障が出てしまうぐらいの場合には、どうしても転職しないといけなくなってしまうこともあります。

[出会いを求めて転職を考える]

また、女性の場合だと、異性が全くいないような職場で長く勤めていて、婚期を逃してしまうこともあります。
何年も在籍している、職場のお局と呼ばれるような人の中には、異性と知り合う機会が無く、仕方なく独身を貫いていると言うことも少なくありません。
そのため、結婚願望が強く、どうしても結婚したい、家庭に入りたいと言う人の場合には、職場環境がとても良くても、思い切って転職をする人もいるようです。
それに、運良く職場で好きな人が出来て、付き合うことになったとしても、それが上手くいかず、どちらかが職場を辞めないといけなくなってしまうこともあります。
このようなことを避けるため、社内恋愛を禁止している会社も世の中にはあるようです。

薬剤師 転職サイト

転職を考えたきっかけ

前職は広告の代理店営業でした。残業時間は月間100時間を超え仕事のストレスも高かったです。業績も上がらず上司からパワハラまがいのことをされるような日々。しかも代理店営業なので、このまま我慢してもそうそう営業以外の仕事に就けそうにもありません。それを思って辞めてしまおうと深く考えずに辞めてしまいました。ただ、ひとつだけ計算があったのは、退職したのは1月だったので、まだ新卒採用の目標人数に届いていない企業がありそこに向けて転職活動ができるのではないかということです。ですが、それを今からリクナビやマイナビに登録して、というのはスピード感としても間に合わないかもしれない、という不安があったので新卒・第二新卒向けの転職エージェントに登録しました。マイナビなどの大手から地元密着の小さいところまで様々です。
そこで初めて気付かされたのは、なぜ自分が転職したいと考えて、次にどういう仕事柄したいのかということです。転職エージェントの人たちは、企業と人材をマッチングさせ長く働いてもらうことが目的です。なので、そういったことをヒアリングして分析しないことには企業を紹介できないということなのでしょう。まず、1時間ほど担当者からヒアリングを受け、そのあとペーパーテストを受けて自分のパーソナリティを分析してくれます。そのときに、初めて自分が休みや労働時間ではなく、いくら出世しても自分たちが展開している商品ではないため商品企画のような部署がなく自分の好きな考えるという行為ができないことだと分かりました。それを軸に転職活動ができたため、次の就職先では楽しく働くことができています。

新卒の時にこういったサービスがあったら・・・と今は思います。現在、新卒向けのエージェントサービスがあるので、正直羨ましいです。エージェントサービスというと学生も不安になるかもしれませんが、絶対におススメできるものです。ぜひ利用してほしいと思います。特に「大学生向け人材紹介」こちらのサイトはおススメですね

辞めてからの転職?在職中からの転職?

転職と聞くと、まず今勤めている会社を辞めないといけないのかと感じてしまいませんか?

確かに、いつ入社できるか定かではない状態で採用してくれる企業は少ないと思ってしまいます。

ですが、それは間違っていて、最近では他の企業に在職中でも試験・採用を行ってくれる会社はたくさんあるのです。

ハローワークに行ってみると、現在他の会社に在職中のことを伝えると在職中でも試験を受けさせてくれる企業をアドバイスしてくれます。

また、在職中の場合は試験が難しい場合であっても「この企業が良い」という強い希望があれば、ハローワークの方から企業の担当者に連絡をして調整をしてくれる場合もあります。

実際にそれで在職中でも採用試験を行ってもらったなんてパターンも多いので、まず受けたい求人があれば相談してみることが好ましいでしょう。

最近では、ハローワークの求人をハローワークだけでなくWEBサイトからでも見ることができます。

検索機能なども充実していますし、取り扱う求人数も多いです。もしハローワークに行く時間がなかなか取れないという場合には、まずはWEBサイトから気になる求人をチェックしておいてそれからハローワークで詳細を聞いてみるのも良いでしょう。在職中の転職活動って大変ではありますが、その分退職してすぐに働くことができるなどメリットも大きいです。是非参考にしてみてくださいね。

医師 転職