Sebescen のすべての投稿

最近のテレビニュースを見て思うこと

最近のテレビニュースを見ていると、テレビ局各局が情報を正確にそのまま伝えるのではなく、自社の意向をもって情報が伝えられているのではないかと疑ってしまいたくなることがありました。
 以前、テレビの番組でアナウンサーの方が、「ニュースは感情や考えをもって伝えてはいけない。たとえ、自分の親族が亡くなったニュースを伝える時にも、自分の感情を乗せて、情報を読み上げるべきではない。」と仰っていました。また、別のテレビ局のアナウンサーが、実の娘が殺人事件の被害者になったときに、大勢の記者に対し、「普段から私たちは、報道する立場で、相手の心情も考えずに、聞きたいことだけをズケズケと聞いてきたのに、自分だけがそれから逃げるわけにはいかない。」と仰っていました。
 テレビ局は、新聞社と違い、公平で、事実を曲げず、対立している問題については、多角的な方向からの論点を明らかにして報道をすることが、法律によって求められています。最近の選挙における報道で、質問する内容によって時間を変えたり、コメンテーターの発言を誘導したりせず、公平で正確な情報を国民に伝えてほしいと思いました。それとともに、国民がちゃんとした知識と認識を備えなければ、フェイクニュースに踊らされてしまうので、気を付けなければならないと思いました。チャップアップ